【國枝蒼太郎】みんなが未来に希望を持てる世界を作る
🚀

【國枝蒼太郎】みんなが未来に希望を持てる世界を作る

タグ
高校生で社長の右腕
長野県からインドに挑戦
年齢関係なく結果を残していく
形態
プロジェクト
参加プログラム
【オンライン】インドスラム女性の雇用創出をする女性起業家直下でのソーシャルビジネスプロジェクト
年代
10代
所属
諏訪清陵高校(高2)
Twitter
Instagram
Instagram (2)
次世代リーダーイベント
最終更新日
Facebook
Website
notion image

掴もうとすればいつでもチャンスはある

-プログラムに参加した理由-
私は、もともと文部科学省が提供するトビタテ!留学JAPANでインドへ渡航し、現地でソーシャルビジネスをやっている会社にインターンシップをする予定でした。しかし、コロナウィルスの影響でインドへの渡航中止を余儀無くされてしまい、泣く泣くインターンシップを断念しなければなりませんでした。
そんな時、タイガーモブ がやっているオンライン海外インターンの存在をFacebookで知りました。トビタテ留学に向けてインドについて調べていくうちにインドのカオスな感じに惹かれていた私は、タイガーモブ のオンラインインターンでも挑戦をするなら絶対にカオスで成長が目覚ましいインドで、ソーシャルビジネスを行なっている会社にインターンをしようと考えていました。
そしてインターン先を決めていく際に、タイガーモブ が提供するオンラインインターン先の中に私が以前から気になっていた日本人女性起業家がやっているソーシャルビジネスの会社を見つけ、そこでオンラインインターンに挑戦することを決めました。
 
notion image
 

ソーシャルビジネスの最前線へ

-プログラム前後の変化-
私はインターンとして広告の作成や新規事業開拓、既存のサービスをより多くの人に届けるための取り組みなどをしています。
インターンに挑戦をする前からソーシャルビジネスに興味があったため、新規事業開拓や経営に近い取り組みは、実際に将来自分が会社を経営をすることになった時に必要な視点やスキルを身に付けることができ、将来の役に立つことを学ばせてもらえているという実感を持つことができるのでとても楽しいです。
また私が1から始めた取り組みの一つであるウェブ広告が新規のお客様に会社を知ってもらうきっかけとなったり、数字としても結果が現れた時は、とても嬉しかったと同時に試行錯誤して出した答えが結果に結びついたので、今までの自身の活動に自信を持つことができました。
そして、オンラインインターンを通して、自分にあった活動スタイルを見つけることができました。私は日中は高校に通い、空いている隙間時間を利用してオンラインインターンに取り組んでいます。そのため、限られた時間の中での活動がとても重要となってきます。インターン当初は、働きやすく効率のよいやり方というものを模索しながら活動をしていましたが、試行錯誤を続けていくうちに自分にあった働き方を見つけることができ、そのおかげでやりたい事と学業との両立をうまく図れるようになりました。
 
notion image

みんなが未来に希望を持てる世界をつくりたい

-現在のミッションやそれに向けて取り組んでいること-
今後とも可能な限り現在のインターン先で活動を続け、会社の規模がいずれ大きくなった時に組織の形はどう変わっていくのかを側で経験し、学びたいと考えています。
また、インターンでの目標として、私の仕事を通して、まずは一番近い存在である現地スタッフの方々に今日1日を生き延びられるかどうかを気にすることなく、子供達に教育を受けさせられるぐらいの金銭的余裕を持ってもらう、という良い影響を与えたいです。そのために今はサービスの売上を伸ばしていく事を主に頑張っていきたいと思います。そしてゆくゆくは現地スタッフだけでなく、社会全体に良いインパクトを与えられる企業まで成長させたいです。
最後に私の夢は、"みんながワクワクできる、未来に希望を持てる世界をつくる"ことです。
将来取り組みたいことは、まだ明確には決まっていませんが、みんなが未来に希望を持てる、ワクワクできる世界をつくるために活動をしたいと考えています。
そのためにインターンや外部のプログラム参加で得た経験を学問と繋げ、2年後に控える大学では自分の興味のあることに対して様々な側面からアプローチをできるような学部へ進学する予定です。
notion image