【立命館高校 ”世界を変える一食”プロジェクト】”食べれば食べるほど環境に良いハンバーガー”を作りたい
🍔

【立命館高校 ”世界を変える一食”プロジェクト】”食べれば食べるほど環境に良いハンバーガー”を作りたい

タグ
SDGs🌍
環境保全
外来種
食糧問題
形態
プロジェクト
参加プログラム
さすてなプロジェクト
年代
10代
所属
立命館高校
Facebook
Twitter
Instagram
Instagram (2)
次世代リーダーイベント
Website
notion image

”知らん間にいいことしてる”を叶えるランチメニューを考案

ープログラムに参加した理由ー
私たちの高校では、新型コロナウイルスの影響で修学旅行が中止になってしまい、代わりに京都大学との連携プログラムとしてSDGsについて学ぶ二日間の校外学習がありました。プログラムの最後に、SDGs弁当アイディアコンテストがあり、私たちのチームは最終日のプレゼンテーションで最後まで選考に残ったので、現在はそのアイデアの実現へ向けて動いています。
 
私たちのチームのアイデアは、簡単にいうと”外来種の動物を使ったハンバーガー”の商品化です。私たちの身近なところでいうと、京都から近い琵琶湖には外来種の魚がたくさんいて、彼らは人間の都合で移動させられ、増えてしまい、さらには悪者にされて、日々廃棄されてしまっています。このプログラムに参加する前に、チームメンバーの杉田さんが外来魚をテーマにプロジェクトを構想したことがあったため、今回はそこからヒントを得て、廃棄されてしまう外来種の動物を美味しくいただき、漁業従事者の支援や食糧危機問題の改善、生態系の保護に繋げていけないか考えました。
 
ただのお弁当ではなく、ハンバーガーのメニューを考案した理由は、ハンバーガーが一般的に持つイメージが「牧草地で牛を飼って、牛はメタンガスを排出して、海外からの輸入でカーボンフットプリントがついて、、、」というエコやサステイナビリティとは対局にあると思ったので、そのイメージを裏切るような”食べれば食べるほど環境に良いハンバーガー”を作りたいと思ったからです。ただ環境に良いだけではなく、美味しさにもこだわり、また日本らしい味付けも取り入れて、”MOttainai Kara Oisiku With Exotic Species”略してMOKOWESという名前のプロダクトとして考案することにしました。メインのお肉や魚以外にも、地域でとれた規格外の野菜を使ったり、海藻からできている食べられる包装紙を使用し、バンズの部分には国産米を使用するなど、環境に配慮しつつローカルな地域に貢献できる方法を模索しました。
 
「環境に良いことをする」という義務感や正義感だけに訴えかけて売るのではなく、美味しいから選ばれる商品を作ることで、環境問題に関心がない人にも買ってもらえるようになると私たちは考えていて、そのために興味を引くようなパッケージデザインについても考えました。実際に販売ができるようになったら、このバーガーを食べることが、環境問題について知るきっかけとなるような啓蒙活動にも繋げていきたいと思っています。
 
notion image
 

それまで感じてきた疑問や、自分の持っていた固定概念の変化

ープログラム前後の変化ー
杉田さん:
このプロジェクトへ取り組む前は、学校の授業を通した知識が自分の考えのベースにあって、SDGsや国際的な問題について学ぶ度に、現実の社会に対して「なんでこれができていないの?」と疑問に思うことがたくさんありました。でも、環境問題について学んだことをもとに実際のプロジェクトをやってみようと自分達で動いてみたら、配慮しなければならないことがものすごくたくさんあるし、難しくて、アイデアを実現することの大変さを身をもって感じました。SDGsを考慮しなくても、ただビジネスを成り立たせるだけでも大変なんだということがわかり、それに加えて環境にも配慮するとなると簡単なことではないんだということに気づけました。
 
松浦さん:
私の場合は、このプロジェクトに関わるまで外来種=悪だというイメージを持っていたのですが、それが自分の思い込みであったことに気づきました。テレビで、”池の水を全部抜く”という企画の番組などをみていると、外来種の魚は悪いというイメージが当たり前のように使われていて、自分もそれを正しいと思って信じていたけれど、今回のプロジェクトを進めていく中で、外来種の動物たちも被害者なんだという視点を持つことができるようになり、物事にはいろんな視点があるんだということを学べました。
 
水江さん:
プロジェクトの前にも環境問題等に関して学ぶ機会があったのですが、その時はどこか他人事のように感じていました。またプロジェクトの構想を進めていくにあたって理想的なものばかりを追求していました。しかし実際にプロジェクトを実行していく段階になり、ブラックバス自体の入手方法や利益、購買方法等を考えていく上で現実的な問題が多く発生し、プロジェクトを実行していくことがいかに困難であるのかという事を痛感しました。またその上で環境に配慮したものを考えていくとなると更に厳しいものになっていくため、試行錯誤を繰り返して行かなければならないと感じました。『環境に配慮した』と一口に言うことは簡単ですが、実際に実行する事は多くの費用と労力を費やすことになります。こういった理由が『本当に環境に配慮』した商品が実際に広まらない理由であると思いました。
 
 
notion image
 

高い壁に挑戦し続ける

ー現在のミッションやそれに向けて取り組んでいることー
最初の商品として、外来種のイメージが強く、低価格で、供給量も安定しており、また限られてはいるものの食材として使われている事例があるブラックバスを使ったフィッシュバーガーを作ろうとしていて、今の私たちの最大のミッションはこのブラックバスの入手経路を確保することです。
 
外来種であるブラックバスは、一般的には市場で流通していないため、食用に仕入れることが非常に困難です。また、琵琶湖の周辺では、いくつか限られたレストランでブラックバスを使った料理が食べられるのですが、それらのお店で使われるブラックバスは特別に沖の方で捕られており、一般的なブラックバスは臭みもあり食用にはあまり向かないそうです。
 
一般人でも簡単に手に入れられるものとしては、加工品のブラックバスを使ったコロッケがあったので、それを試作品に使ってみたのですが、あまりインパクトがないため、やはりコロッケではなくそのままフライにして使いたいと思っています。
 
今年の7月中旬くらいから、協力していただいているローカルのスーパーマーケットで試作品を作らせてもらい、スーパーでの販売についても考え始めているのですが、スーパーのお惣菜売り場で売る場合、中身が見えないとお客さんの手に取ってもらえない可能性が高く、また衛生面の問題もあるので、もともと計画していた食べられる包装紙の使用についても改めて検証し直しているところです。
直面している壁は高く、実現までのまだまだ道のりは長いですが、3人で力を合わせ日々試行錯誤を繰り返しています。
 
notion image
notion image